本文へ移動
公益社団法人 
四日市市シルバー人材センター

〒510-0063
三重県四日市市十七軒町9番10号
《事務局》
TEL:059-354-3670
FAX:059-351-4830
《介護室直通》
TEL:059-350-1775
FAX:059-354-3676
 
《サテライトオフィス》
TEL:059-340-0072
FAX:059-340-0088
 

営業時間:AM8:30~PM5:00
休日:土日祝日、12/29~1/3
0
9
1
9
6
1

理事長挨拶

理事長挨拶

     
令和二年度 定時総会 挨拶
                 理事長 石 川 良 三
 
 平素は、四日市市シルバー人材センターの活動にご理解・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。また、新型コロナウイルスの影響により、例年と異なる総会開催へのご理解に感謝いたします。
 
<現状と課題>
 令和元年度重点事業に会員の拡大を位置付け、積極的に取り組みを進めましたが、年度末会員数は前年度比31名減の1,434人となりました。今後は、これまでの取り組みに加え、女性会員の拡大に積極的に取り組みます。 
 契約高は、前年度比2千4百万円増の8億1千4百万円となり、初めて8億円台に乗りました。増加額の85%が公共、15%が一般家庭からであり、今後は、新型コロナウイルスの影響、民間事業所との契約に留意します。
 就業率は、前年度比1.6%減の86.8%でした。新型コロナウイルスの収束とともに、就業率は回復すると考えています。
 
<方針と予算> 
 令和2年度事業計画の目標値のうち、会員数は、全国シルバー人材センター事業協会が策定した全国会員百万人計画に沿って1,605人とし、契約金額は過去の実績や中期計画を基に7億7千4百万円、就業率は89%としました。
 また、目標達成に向けて編成した当初予算は、収益総額7億6千4百万円(前年度比1千1百万円増)、費用総額7億7千2百万円(7百万円増)としました。
 事業計画及び当初予算を策定後、新型コロナウイルスの影響が徐々に大きくなっていますが、会員はじめ関係者の皆さんの協力を得て目標を達成してまいりたいと存じます。
 
<設立40周年を迎えて>
 設立40周年を迎えることに感謝するとともに、「生きがいと地域ニーズを結ぶ」センターとして、50周年にむけて新たなスタートをきってまいります。
 
<新型コロナウイルス収束後に向けて>
 当センター関係者から感染者を出さないことが何よりも大切です。高齢者集団である当センターは、対策の段階的解除の状況を慎重に見極めて対応してまいります。
 同時に、新型コロナウイルスが収束に向かい、克服した社会への展望をしっかり持つことも大切です。これからの社会は、経済一辺倒から共創(共に創り)・共生(共に生きる)の視点も大切にされるようになるものの、少子高齢社会の課題は依然残るものと思われます。
 当センターは、これからも「自主・自立、共働・共助」による活動を通じ、社会の期待に応え、信頼を得、会員が喜びをもって活躍できるように努めてまいります。皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

                      虹の橋 79号より